特集

お揃い浴衣

竺仙でお揃いの
浴衣を作りませんか?

竺仙ではお客様だけのオリジナル柄での、お揃いゆかたのご注文も承っております。お客様とのお打合せより
ご希望に合わせてデザインを作成いたします。 またはお客様がお持ちいただいたデザインから図案にする事も可能です。
※注染で染めるため、最小ロット:6反〜、以降は2反ずつとなります。

ご注文の流れ

  1. 生地を選ぶ

    コーマ

    竺仙の注染浴衣のベースになる素材。研究を重ねて完成させた、しなやかで肌触りの良い生地。程よい張り感もあり、お召しの際は裾捌きも良いと評判の素材。

    さらりとした肌触りでいて、ふわりと優しい弾力も感じる心地よい生地感です。
    コーマに比べ少し厚みのある透けにくい生地は早い時期からお召しいただくのにもおすすめです。

    綿絽

    木綿でありながら繊細な着心地の良さを感じる素材は、織にもこだわり見た目の涼感もより一層、夏景色に映える生地感となっております。

    綿芭蕉

    芭蕉布の涼やかさを模して織られた「絽」とはまた違う表情の涼やかさを
    感じられる生地です。わずかに透ける中に、ランダムに織り込まれた繊維が見ていて飽きの来ない風合いになっております。

    特岡

    コーマ生地に比べ少し地厚になりますが、オーソドックスな浴衣の
    高級素材です。しっかりとしていて広く一般的に使用されている素材になります。

  2. 柄を選ぶ

    オリジナルの型でつくる

    お客様のイメージしているものを形にいたします。またはお客様が描いたものを
    染められるように調整させていただき、型紙に彫る事もしております。

    竺仙の型から選ぶ

    竺仙で生産しているものの中から柄を選ぶ事も出来ます
    (この場合、型代はかかりません。※出来るもの出来ないものとがございます)

  3. 色を選ぶ

    色のアドバイスも可能です

    出来上がりをイメージして紺白の単色であったり、差し色を考え
    提案させていただきます。

最短2ヶ月程度で
お届けします (竺仙柄の場合)

手仕事の為、多少前後いたしますが、竺仙の柄で
お作りした場合、お色が決まれば3週間程で染め上がって参ります。お仕立ては、更に1ヶ月程頂き
出来上がって参ります。(時期により仕上がりが長引く可能性がございます)
オリジナルで柄を作る場合は目安にはなりますが
デザインが決まった後は、型彫りに3週間程かかり
その後は同様に染めとお仕立ての期間を経て完成いたします。

料金表

  1. コーマ白地

    (6反〜)  

    211,200

    円〜

    (1反あたり)  

    35,200

  2. コーマ白地差分

    (6反〜)  

    224,400

    円〜

    (1反あたり)  

    37,400

  3. コーマ地染

    (6反〜)  

    237,600

    円〜

    (1反あたり)  

    39,600

  4. コーマ白地キング

    (6反〜)  

    231,000

    円〜

    (1反あたり)  

    38,500

  5. コーマ地染キング

    (6反〜)  

    244,200

    円〜

    (1反あたり)  

    40,700

  6. 竺仙の型

    (1デザインあたり)  

    無料

  7. オリジナルの型

    (デザインにより変動します)

    (1デザインあたり)  +

    50,000

    円〜

  1. 紬ゆかた

    (6反〜)  

    244,200

    円〜

    (1反あたり)  

    40,700

  2. 綿絽白地

    (6反〜)  

    257,400

    円〜

    (1反あたり)  

    42,900

  3. 綿絽地染

    (6反〜)  

    270,600

    円〜

    (1反あたり)  

    45,100

  4. 玉むし

    (6反〜)  

    297,000

    円〜

    (1反あたり)  

    49,500

  5. 細川クレヤーキング

    (6反〜)  

    297,000

    円〜

    (1反あたり)  

    49,500

  6. 竺仙の型

    (1デザインあたり)  

    無料

  7. オリジナルの型

    (デザインにより変動します)

    (1デザインあたり)  +

    50,000

    円〜

  1. 東稀 白地

    (60本〜)  

    84,000

    円〜

    (1本あたり)  

    1,400

  2. 東稀 地染

    (60本〜)  

    90,000

    円〜

    (1本あたり)  

    1,500

  3. 東稀 細川、総型

    (60本〜)  

    96,000

    円〜

    (1本あたり)  

    1,600

  4. 東稀 細川、玉むし

    (60本〜)  

    120,000

    円〜

    (1本あたり)  

    2,000

  5. 竺仙の型

    (1デザインあたり)  

    無料

  6. オリジナルの型

    (デザインにより変動します)

    (1デザインあたり)  +

    30,000

    円〜

おふきんも作ることができます(最小ロット120枚〜)900円 お気軽にご相談ください

※お仕立て代は別途必要になります。詳しくはこちら

事例集

  1. うなぎ屋 鰻川

  2. 料亭 ちくりん

  3. 鍋料理屋 すいせん

  4. うなぎ屋 鰻川

  5. 料亭 ちくりん

  6. 鍋料理屋 すいせん

  1. 商品出来上がり後に追加の注文することはできますか?

    可能です。染める時が異なるため、多少の色の変化がある可能性もごさいますが、可能な限り近づけた色で再現させていただきます。 型紙は破れや壊れていなければ多少の年数を経ても染めは可能です。 注染の最小ロットは当初と同じ6反からとなります。

  2. どのくらいの期間で完成しますか?

    染め方や生地によって変動はございますが、現在は4ヶ月程度でお届けさせていただいております。
    お見積りの際に完成目処もお送りさせていただいております。

  3. 高身長の仕立ての場合、
    料金が高くなるなどのことはございますか?

    基本的には長めに生地を取らせていただいている為、そのような事例はありません。まずはお気軽に
    お問い合わせください。

  4. 色や生地を変更して注文することは可能ですか?

    色は変更可能です。同じ型を使用するため、生地によっては使えないものもあるため生地の変更については一概に言うことができません。お気軽にご相談ください。

  5. 反物で納品は可能ですか?

    可能です。ご自分で縫われる方もいらっしゃいます。
    もしくはご家族や知り合いに縫われる方がいる、馴染みの悉皆屋がいる。
    など、お客様のご要望に合わせて納品させていただきます。

お弁当つつみ

広げれば素敵なランチタイム♪
さぁ、お弁当生活楽しみませんか?

     

お弁当包みとは

毎日のお弁当を包むのもその日の気分でチョイスすれば ランチタイムが華やかに楽しくなります。鞄や机にひそませておけば、ちょっと買い物に行くのもひと味 違います。日常に季節の柄や和のテイストをとり込んでみるのはいかがでしょうか?

古典柄を日常使いにアレンジしたデザイン

能衣裳や琳派のデザインをベースにアレンジし、竺仙テイストに仕上げた選べるラインナップです。

お弁当つつみの使い方

四角い生地
(風呂敷・お膳掛・おひらつつみ・おふきん)

包むものの大きさによって生地の大きさを変えるとフィットして使いやすいです。または大きいものを用意しておけば”大は小を兼ねる”で色々なものを包むことができます。

  • 1

    まず始めに裏側を上にして生地を拡げます。包みたいものを中央に置きます。

  • 2

    ものが動かない様にしながら手前の角を被せます。次に反対側の角を手前に折りたたみます。※その際余分な生地を整えながら進めると綺麗に仕上がります。

  • 3

    残りの左右の角をしっかりと一度結んだ後に、、

    もう一度結び、真結びにします。

  • 4

    完成

    パッと目を引くお弁当つつみ。広げれば素敵なランチョンマットに!!

三角袋

風呂敷を縫製して、袋として”簡単”に使える様に仕上げてあります。使わない時は平らにたためますので、コンパクトに収納しやすい作りになっています。

  • 1

    袋の口を拡げます。

  • 2

    中にものを入れます。

  • 3

    2本の持ち手を結びます。

  • 4

    もう一度結び完成です。(手に持ちやすい様に調整してください)

日替わりのお弁当つつみの始まりはじまり♪
その日の気分でチョイスして!

贈りものにもピッタリ!!

初めての浴衣

生地テキスト
皆様は、初めて浴衣を着た日を覚えていますか?
「浴衣の着方がわからない」
「柄や帯は何を選べば良いかわからない」
「興味はあるけど何を揃えたら良いかわからない」
初めて浴衣を着るのはわからないことが多いと思います。
そんな初めてでも浴衣を着たいと思っている方のために、
竺仙は基本的な知識や着方など、
初心者の疑問に答え、応援いたします。

はじめに揃えるもの

生地テキスト

浴衣の着付け方

必要なものを揃えたら実際に着てみましょう!
上手に着られるワンポイントアドバイスもあります。

浴衣帯の結び方

次に帯を締めてみましょう!
ここまで出来たらもう一人前です。

文庫結び

角出し風結び

ワンポイントアドバイス

浴衣が着られるようになったら、次はワンランク上へ!
浴衣と帯を上手に選べるようになれば
お出かけがもっと楽しくなります。
竺仙からシーン別のコーディネートのご提案。
よりお洒落にお出かけをお楽しみください。

竺仙 おすすめコーディネート

お出かけを写真に

生地テキスト
浴衣を着ていざお出かけへ!
お祭り、花火大会、観劇、習い事、お散歩、買い物、レストラン・・・
浴衣でのお出かけは気分がより一層弾みます。
ぜひ、浴衣でのお出かけ写真を撮って、想い出に残してください。
そして、どんどん浴衣を着てください。
浴衣が皆様の生活に馴染んでいきますよう、
心から願っております。
また、竺仙オンラインショップでは、
「街フォト」というページがございます。
皆様のお出かけの様子が乗っておりますので、
こちらも是非ご覧ください。
生地テキスト

街フォト

生地テキスト
皆様、日頃から竺仙をご愛顧賜りまして誠にありがとうございます。

さて、最近私共でお求め頂いたゆかた、
小紋の着姿の写真をお送りいただくことが多くなりました。
そこで此度私共のオンラインショップの中に、
【竺仙 街フォト】というページを作成する事にしました。

こちらはお客様が着物、ゆかたを楽しんでいる様子を
ご紹介させて頂けたらという想いの企画でございます。
送って頂いた皆様の写真を1つに集めて、
お召しになっている様子を伝えるページとなります。
様々なシーンを集められたらと思っております。

写真としましては、お顔が写っていますと、
よりお出かけを楽しんでいる様子がわかりますので嬉しいのですが、
お顔を掲載することが不可能でしたら、
首から下の着姿を使用させて頂ければと思います。

写真画像をお送りいただく際は、
下記のメールアドレス宛にお送り頂けますと幸いです。
shopmaster@chikusen.ln.shopserve.jp

より多くの写真を集められればと思っておりますので、
宜しくお願い申し上げます。

  • 2019.12.25
  • 16:11

竺仙について

竺仙というブランド

竺仙は江戸より続く江戸小紋、浴衣を中心とした呉服屋でございます。
竺仙のこだわりはズバリ“江戸”です。
創業時江戸文化が爛熟期を迎え近代へと変わる20年程前に創業致しました。
初代は、今から175年程前の天保年間の創業(1842年) です。
江戸染の独特な技術を活かし江戸小紋から浴衣へと世間に名を馳せ、
歌舞伎の世界にまで名前が登場するほどでした。
戦後、初代竺仙ゆかりの地浅草に店舗を構え、
初代からの信条を強固な芯として技術、
カラーを継承、その持味が世間の評判を買い有名百貨店、
高級呉服専門店からの声がかかり日本橋に移転しました。
現当主も先代からの能衣装、古代紋様に加えて正倉院紋様、
宗達・光琳の創作再現に積極的に意を注いでいます。

浴衣街歩き

職人の手仕事

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 休業日

ページトップへ