特集

お弁当つつみ

広げれば素敵なランチタイム♪
さぁ、お弁当生活楽しみませんか?

     

お弁当包みとは

毎日のお弁当を包むのもその日の気分でチョイスすれば ランチタイムが華やかに楽しくなります。鞄や机にひそませておけば、ちょっと買い物に行くのもひと味 違います。日常に季節の柄や和のテイストをとり込んでみるのはいかがでしょうか?

古典柄を日常使いにアレンジしたデザイン

能衣裳や琳派のデザインをベースにアレンジし、竺仙テイストに仕上げた選べるラインナップです。

お弁当つつみの使い方

四角い生地
(風呂敷・お膳掛・おひらつつみ・おふきん)

包むものの大きさによって生地の大きさを変えるとフィットして使いやすいです。または大きいものを用意しておけば”大は小を兼ねる”で色々なものを包むことができます。

  • 1

    まず始めに裏側を上にして生地を拡げます。包みたいものを中央に置きます。

  • 2

    ものが動かない様にしながら手前の角を被せます。次に反対側の角を手前に折りたたみます。※その際余分な生地を整えながら進めると綺麗に仕上がります。

  • 3

    残りの左右の角をしっかりと一度結んだ後に、、

    もう一度結び、真結びにします。

  • 4

    完成

    パッと目を引くお弁当つつみ。広げれば素敵なランチョンマットに!!

三角袋

風呂敷を縫製して、袋として”簡単”に使える様に仕上げてあります。使わない時は平らにたためますので、コンパクトに収納しやすい作りになっています。

  • 1

    袋の口を拡げます。

  • 2

    中にものを入れます。

  • 3

    2本の持ち手を結びます。

  • 4

    もう一度結び完成です。(手に持ちやすい様に調整してください)

日替わりのお弁当つつみの始まりはじまり♪
その日の気分でチョイスして!

贈りものにもピッタリ!!

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 休業日

ページトップへ